レッドファイター91

超戦士ガンダム野郎』に登場した豪多亜留のオリジナルSD戦士・RF91
BB戦士のガンダムF91を改造して作ったのでここにご紹介!!


 

RF(レッドファイター)91。レッドウォーリアを作った豪多亜留が、F91をベースに作った改造SD戦士です。
当初は昔のSDガンダム本に載っていた作例をそのまま再現するつもりだったのですが、
今見るとプロポーション等色々とキビシかったので、自分なりに色々と手を加えてみました。それについては後の製作記を参照のほど。
バックパックは設定画を無視した代わりにウイングの展開が可能です。
個人的ポイントは頭部のアンテナの根元がパイプスプリングになっているところ(笑。


劇中でも多用していたビームサーベル。翼を閉じると何だかマントっぽいですね。
可動範囲は昔のBB戦士ベースにしてはなかなか広く出来たので、ポージングも結構決まる…と思います(汗。


『これがRF-91の必殺技だ!ウイングカッター!!』

ガンキラーのSDスピリット指数を一気に300も減らしたなかなか強力なワザ。
でも画像は七面武神と戦っているときのイメージですが(笑。

 

RF91は空からの攻撃に優れている、という特性を持っています。
そんなわけで…

『レッドスカイ!』(ウイング展開)

個人的に今回一番気に入っている画像なんでサイズが大きいです(笑。飛んでいる感は出てますでしょうか。
腕は改造によって横に開けるようになったのですが、これがなかなか良い感じ。
また、1/144Gセイバーの足首をちょこっとだけ加工して作った脚部は可動範囲的に非常に優秀で
特に足を下に伸ばせる?のは飛んでいるように見せる際に大いに役立ってくれました。


『イーグルバルカン!!』

胸の鳥の目はバルカン砲という設定。やっつけで合成してみましたが…うーん(^_^;


言い忘れてましたが、左手首は他玩具からの流用で『グー』と『チョキ』の二つを用意しました。
やっぱり手首に表情が付いていると違いますね!


製作後記。


改造する前。

大福将軍が割と単純なパーツの組み合わせだったのに対し、
このレッドファイターはパテで成型しなければならない箇所が結構多かったです。
そのため、模型技術の向上は勿論のこと、
『自分でもこれだけのことが出来るんだ!』と自信を持つことが出来て大変良い経験になりました。
『ガンダム野郎』は大好きなので、これからも改造SD戦士をどんどん作っていきたいですね!

そうそう、web拍手などで応援メッセージやアドバイスを下さった方々、どうも有り難う御座いました!

 

雑記から抜粋した製作記はコチラ

 

玩具部屋に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO