SDガンダム小ネタ・超機動大将軍編その1

天鎧王と共に瞬間移動した號斗丸達が見たものは、
広がる魔界の扉に今にも飲み込まれそうな烈帝城の姿だった!

   
號斗丸 『列帝城の地下にある魔界の扉が開いてしまったんだ、今列帝城は魔界に落ち込もうとしている!』

魔星 『その通り! すでに何もかもが手遅れなのだよ。やがて天宮全土が魔界に落ち込むのだ!』

號斗丸 『手遅れなどと、信じるか!!』

『烈帝城は我らの誇り、天宮の誇りだ! 命にかけて守り抜く!!』

  
號斗丸 『いくぞ!』

襲い来る魔星配下の悪魅(アーミー)軍団に向かい、勇ましく斬り込んでいく號斗丸達。
それを余裕の表情で眺める魔星だったが、一刃の黒い影がその隙を付いて魔星に斬りかかった!

その影の主は武零斗。攻撃は魔星の頬をかすめたが、同時に武零斗はマスク部に反撃を食らってしまう。


魔星 『おのれ、よくも私の顔に…。 武零斗だと…それで上手く化けたつもりか! …大将軍!!』

魔星 
『なにッ!?』

 

武零斗の壊れたマスクの下の素顔は、魔星の想像したものではなかった!


(画像クリックで”武零斗頑駄無<彗月>”レビューへ)

武零斗 『残念だったな魔星! 大将軍様は他におわすわ!!』

   
予想が外れ、激昂する魔星。

魔星 『この私を謀るとは…許せん! 三羅将!!

     

(画像クリックで”魔星大将軍”レビューへ)

魔星 『闇獣装の陣! 魔星大将軍!!』

   

魔星が禍々しい姿となり戦いが新たな局面を迎えようとしたとき、颯爽と一人の武者が現れた!   

??? 『貴様に大将軍の名は汚させん!』

魔星 『何者!』


(画像クリックで”武零斗頑駄無<飛駆鳥>”レビューへ)

『武零斗が…二人!?』



玩具部屋に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO