武者鷺主

『いくぜ!キャリバード!!』


『輝龍達が茶店で休んでいると、後を付けて来ていた武者序武留隊は鋼丸めがけ魔方陣発生銃で攻めてきた。
 真紅主は輝龍を見ると一対一で戦いたいと向かっていき、輝龍との戦いが始まった。
 しかし二人の実力は五分と五分、なかなかつかない勝負に業を煮やした武者序武留は、まとめて一気に集中砲火の命令を出した。
 「ガーッデム!マグナムラッシュ!!」裏切りとも言える序武留のやり方に真紅主は激怒し、序武留めがけ必殺パンチを猛連打した!!

 一方、山道を行く號斗丸には、彼を追う人影があった。』(説明書より)


誇り高き異国の剣豪!武者鷺主をここに御紹介〜。


 

武者鷺主。

騎士の国?から天宮に流れ着いた異国武者。モットーは『華麗に優雅に美しく』!
左肩の装甲は”絹装甲(シルクガーダー)”と言い、装甲の表面をシルクで包み込んでいると言う設定です。
ソレを再現するために、本商品では布シールが採用されていたりします。質感は確かに良い感じ…かもしれない(汗。

 

メイン武装は柄に薔薇の花を模した剣、”ローズサーベル”
コレを装備して繰り出す”剣の舞”の華麗さは、輝龍も思わず感心してしまったほど。

 

マントの裏側には、バラ型手裏剣”朱麗牙”が仕込まれています。
劇中では結構な数を使っていたのですが、プラモではさすがに前・後ろの二つだけ付属です。

 

左肩に付いているパーツは変形してボーガン型の”ボーキャリバー”になります。
劇中では使われなかった武器なのでイマイチ印象が薄いです(苦笑。

 

また、↑↑のパーツと右肩アーマーは合体して、相棒の鳥メカ”キャリバード”になります。
キャリバーでバードだからキャリバード…分かりやすいです(笑。
イラストを見る限りだと、この鳥普段はメカじゃなくて生身みたいですね。鷺主が鎧装着するのと同時にメカ化するんでしょうか。

このキャリバードは大剣に変形するのですが、それに関しては後述。

 

旅姿でもある軽装タイプは、もうほとんどナイトと言っても問題無さそうな出で立ちです。
霞の鎧を思い起こさせるバイザーがステキ。でもこれ武者形態だと余剰パーツなんですよね(汗。

バイザーを取るとこんな感じ。
ちなみにこの武者鷺主、画像の右腕のように腕を横に広げられるようになっています。

 

それでは、スーパーモードに変形!

『聖剣ウイングキャリバーよ!その刃に我が魂を映し邪悪なる者を切り裂け!!』


スーパーモード、”マッハウイングフォーム”
キャリバードが変形した巨大剣”ウイングキャリバー”を装備し、必殺技を繰り出す時の形態です。

このウイングキャリバーがなかなか迫力あってカッコ良いんですよ〜。歯車式に連動して動くのも楽しいですし。
個人的には鷺主の肩が剥き出しなのがあまり好きではないのですが、これは後にカッコ良い形で解決されるので問題無しですね。

 

マッハウイングフォームから繰り出す”ファイナルスラッシュ”で敵を貫け!

 

 

鷺主 『なぜ軍団を裏切った!』
號斗丸 『それは逆だ!兄者と俺が軍団に、いや魔星に裏切られたのだ!』

そんな感じで(笑。


製作後記。


塗装前。

感想は真紅主の時とと同じです(爆。もうすぐ五人衆完成だ〜!

 

玩具部屋に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO