マスクコマンダー

『俺はフューラー様によって選ばれた男!!』
   

GARMSシリーズ屈指の人気キャラクター、マスクコマンダーをここにご紹介!


マスクコマンダー。

ザタリオン帝国SS(親衛隊)として突如現れた仮面の戦士。
グリーンベレーガンダム曰く、その身のこなしは誰かに似ているという。果たしてその正体は…!?


そんなわけで、マスクコマンダーです!
人気が高いだけあって元々カッコいいキットでしたが、
色々と気になる箇所があったので全身ちょこちょこと弄っています。
一番の特徴でもあるマスクは着脱可能&ツノ共有というギミックのおかげでイマイチな形状だったので、エポパテで新造しました。
ちなみに目の部分にはラピーテープを貼ったのでキラキラ光ります。そのうち剥がれてきそうですが(^^;

 

 

背面。こうして見ると結構航空機的なシルエットです。
バーニアは市販パーツに置き換え、足の裏も肉抜き穴を埋めてプラ板を貼り込みました。

 

 

 

肩の”ブースターウイング”は可動式。
キャノン砲がせり出すギミックはかなりタイトな感じだったので殺してしまいました(汗。

 

 

 

マスクコマンダーのメイン武装は、巨大な”高出力ビームスマートガン”
ギガンダリウム合金の装甲をもぶち抜くその破壊力はザタリオン帝国一。

スマートガンには適当なMGのライフルのグリップ部分を切り取って移植しています。
それに伴い、手首も1/100のものを使いました。ガンダム野郎のスターガンダム01の改造でもありましたね(^^

  

 

カッコイイッス。

 

 

 

 

『ラリホー! 俺の力を甘く見るなよ!』

マスクコマンダーのバックパックとして装着されているのが、この”ICBMハンブラビ”です。
ザタリオン帝国の本拠地である暗黒大陸からマスクコマンダーの命令によって発進。ちなみにたくさんいます。

 

ビームスマートガンがしっぽ?にくっ付くので、実はかなり長いです。

 

 

ロンデニオン山脈での対キャプテン戦では、分離→同時攻撃→再合体
というトリッキーな戦いぶりを見せました。

 

肩書きが”大陸間弾道弾MS”であるハンブラビの本体は、実はミサイルそのもの。
その破壊力でGARMS基地を爆破、キャプテンガンダムも一時的に生死不明となりました。

ハンブラビはアタマを尖らせたり動力パイプを新造したりしてます。

 

 

『安らかに眠れ!! 愛しき基地と共に!!』

 

  

しかし、基地破壊を阻止しようとしたキャプテンの反撃を受け、
マスクコマンダーは仮面にダメージを受けてしまう。崩れる仮面の下から現れる素顔は…!

キャプテン『!? おまえは!!』

仮面の下の正体、それはGARMSを脱走したガンダムMk-Uだった!

  
今更もったいぶることでもなかったですが、そこはお約束ってコトで(^^;
しかしMK-U+ハンブラビでティターンズスーパーガンダム作ろーって発想がすごいですよね、流石は横井画伯。

  

  

『地獄へ落ちろ! GARMS達よ!!』

コマンドガンダムの特訓に嫌気がさして脱走したMk-Uは
ザタリオン帝国にて改造手術を受け、マスクコマンダーとして生まれ変わっていた!

本体は胸ダクト新造したり各部パイプを置き換えたりしてやはり一番弄っています。
フェイス部も凛々しく見えるようにちょっとだけ加工しました。目は手描き。
あ、ちなみににせMlK-Uフェイスは私が買ったジャンクに付いてなかったので今回はナシです(汗。

 

背中の武装は”ヒートホーク一体型ハンドガン”。無くしそうで怖い…。

 

  

 

そんなわけで、マスクコマンダーでした〜。


製作後記。


改造前。

やっぱりGARMSは良い!

 

玩具部屋に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO