極小変形トランスフォーマー 第1弾

トランスフォーマー初期の玩具が極小サイズで復活!精密さはもはや芸術の域!?
ファンからの評価も高い『極小変形』シリーズ、その第1弾をご紹介。


コンボイ&トレーラー

 

何は無くてもコレが無くては始まらない、サイバトロン初代総司令官コンボイです。
非常にカッチリとした精度の高い変形をします。
ちなみに武器が付いたり、タイヤが回ったりするのはコンボイだけ。さすが司令官。
でもまぁ単体での満足度は実はそれほど高くないのですが(汗、
別売りのトレーラーと組み合わせることで、存在感・プレイバリューは倍以上になります!

 

トレーラーは元の玩具と同じように、展開することによって
左―整備ドックモード 右―基地モード になります。
もちろん他のTFと組み合わせることもできますし、何気にバギーもちゃんと付属してます。

そうそう、他のカーロボ一つならすっぽりとトレーラー内に収容することもできるのですよ。
この辺もなかなか気の利いてますよね〜まぁその弊害も存在するのですが…


ランボル

 

極小変形第1弾におけるハズレその1(笑。
とにかく混入率が高く、私も複数個ダブらされました。おかげで愛着があまり無い…
せめて武器を付けてくれたら満足度も違ったんでしょうけどね〜。
あ、変形そのものはコンボイ同様精度が高いです。ビークル時でもほとんどスキ間無いし。

ちなみに写真を真正面から撮っている理由なんですが、
これ横から見ると相当前のめりになってるんですよね〜、首の位置も前過ぎるし…。そこが残念。


バンブル

 

極小変形第1弾におけるハズレその2(笑。
コンボイのトレーラーに収容できるようにするためか、
他のTFとサイズを合わせるためかは知りませんが、とにかく小さいです。
元からして変形機構が単純なので、
他のと値段が一緒というのは微妙に納得がいかないかも…
まぁファンならシリーズ存続のために買っとけ!ってことでしょう(笑。


スタースクリーム

 

元の玩具の複雑な変形機構を見事に再現してます。
ついでに差し替え・余剰パーツが出ると言う点も見事に(以下略。
それはさておき、第1弾の中では単体として一番のボリュームです。
足もハの字に開けたり、腕を広げることも出来たりと可動もなかなか良好。
また、戦闘機時の大きさも中々のものですし、
機首からタイヤが出るあたりも細かくてイイ感じです。
第1弾の中ではアタリの部類に入るんじゃないでしょうか。

まぁ、次の次に出る極小変形SPの異常なまでの混入率の高さによって、
後にダブりまくることになるんですがね。
今現在私が最も多く所有しているのがこのスタスクだったりします。ハァ…


サウンドウェーブ

 

第1弾の中で一番のお気に入りなのがコレ、サウンドウェーブ。
変形機構のおかげで可動範囲も相当広いし、
カセットロン(ジャガー?)もちゃっかり付属してます。そして…

 

とにかくこのサウンドウェーブは作りが細かい!
カセットロンもこのサイズで本体に収納できるし(ジャガー・イジェ〜クト!が可能!)、
電池を模した武器もちゃんと背中の電池ボックスにしまえるという芸の細かさ!
発売前から期待はしていましたが、まさかここまでやってくれるとは思っていませんでした。

どうでもいいですが、ジャガーのパーツを吹っ飛ばしてヒヤヒヤしたのは私だけではないハズ(笑。


まとめ

20年間でオモチャの技術がどれだけ上がったか、実感できる一品です。
その出来の良さは、これで一つ380円なら復刻版いらない!って人が出てくるのでは、と心配しちゃうぐらい(笑
『昔コンボイ持ってたよ〜』とか『サウンドウェーブ好きだったなぁ…』とか思い出のある方は是非触れて見て下さい!

 

玩具部屋に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO