ガンキラー0号 & 大河のガンキラー

『大暗黒SD連合万歳!!』

以前ご紹介したガンキラーのカラーバリエーションをご紹介!


 

ガンキラー0号

狼馬舞留人(ロママイルド)のスペシャルカラー版である、ガンキラーのプロトタイプ。
劇中に登場した最初のガンキラーであり、登場回数も多いのですが、
マンガでは色が良く分からなかったり、カードダス版の色は黒が採用されたりしたためか、
活躍の割にはマイナーなバリエーションだったりします(^^;

ちなみにガンキラー0号という名前は劇中では登場しないのですが、
コミックボンボンスペシャル『SD武者ガンダム改造大作戦』という本で確認することが出来ます。
この本はガンダム野郎ファンのバイブルというべき素晴らしい内容なので、機会があれば是非見て頂きたい一冊です。

 

『ふふふ…このガンキラーの1/5にも満たないSDスピリット指数で
 どうやって戦おうというのだ!』

黒版で掲載したセリフは、ホントはこのバージョンで言わせるのが正しいのです。

 

赤がプロトタイプで黒が量産型ですが、能力は全く同じ。武装も同じです。

 

続いて、トリコロールカラーバージョン!

 

大河のガンキラー

大暗黒帝デラースに飲み込まれた大河(千生将軍)が生まれ変わった姿。
登場した当初はマインドコントロールされており、亜留のキラーマスターと死闘を繰り広げました。
やがて洗脳は解けたものの、結果的にはキラーマスターと相打ちに……なるところを間一髪で助けられ、
後に『奇跡の合体SD戦士』として劇的な復活を果たすのでした。

他のガンキラーとの違いは、標準的なガンダムマスクになっている点のみ。
まぁそれも劇中では合体後から変わってたんですけれども。

一応差し替えられるようにはしました。

 

武装も同じ。

 

最後に、ずらり揃ったガンキラー!


ガンキラー(黒)を作ってからかなり日が経ってしまいましたが、ようやくちゃんと掲載できて良かった(笑)。

劇中に登場したガンキラーには、他にもツノが武者仁宇っぽくなっているヒロシ機、北海のシャアこと椎谷明寿名機があります。
色が良く分からないのが難点なその二体ですが、いつかそれらも作って全機並べてみたいですね〜。


玩具部屋に戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO