作品NO.206 ぷぃんくさん作 『堂我一族の方々』

  
行きつけの模型店でのBB戦士安売りがきっかけだった、
ホントに自己満足なヤッツケ仕上がりな堂我一族の方々です。
(つたない仕上げでスミマセン)
   

 

  

漣飛威

クワガタはプラ板とパテ盛りで作成。刀と鞘は百士貴のものをそのまま流用してます。
頭部がやや下向きなので、固定の仕方を変更してます。
出っ腹な胴体を根こそぎパテ盛りに変更し、あとはランドセルコンテナの
片側ファンネルを削り落とし、そこに鞘の固定ピンをぶっ指すというお手軽改造です。
ディティール等はとにかく簡略化してるのであんまり漣飛威に見えない…(酷)
      

 

 

義由寧

オリジナルは忍なんですが、武者っぽく…言い方変えると簡単な方向に…設定ネジ曲げてます。(困)
頭部をちょこっとパテ盛りし、あとは両肩バインダーに農丸の刀と
百鬼丸の刀をくっつけただけのこれまたお手軽改造です。
      

 

  

紅鋭守

問題はこの御方。なにせ資料がぜんぜんない。なので完全なデッチアゲです。
頭部・マゲのパテ盛りと農丸の槍付属のみ。
ポニテなマゲがアクセントにはなってるかな?
     

 

  

厄斗堂我のお二人

この両人のモトネタはPSゲーム「天誅 忍凱旋」の血の気の多い兄妹、尖十郎&田鶴です。
なので義由寧が大小の二刀流で、紅鋭守がポニテ・槍ってことになってます。
     

 

 

三人

三人共通でヒジと股をボールジョイント化はしてるものの、やっぱりお手軽改造ですわなぁ…
さて、次は義羅堂我にかかりますかなっと。
     

 

作品ギャラリーに戻る