作品NO.205 トッティーさん作 『サイファーマークV』


ガンダムに髪の毛と服をつければどうなるかなと思い、真駆参を改造してみました。
真駆参の性格がFF8のサイファーとかぶっているように感じたため、
サイファーマークVと名付けました。裁縫は10年ぶりに行ったため
服がいがんでいますが、なんとかできました。
  

 


今回2番目に苦労したヘアースタイルです。パテを長く伸ばしたものを重ねています。
5回ほどやり直し、今に落ち着きました。若干リーゼントみたいになってしまいましたが(汗)
  

 


口元が服に隠れている姿は、結構いい雰囲気がででいると思います。 
     

 


三国伝の張飛と趙雲の素体にジョイントをつけたため、かなりポーズがとれます。
   

 


切り上げシーンです。続いてFF8のサイファーのシーンを再現していきます。
   

 


「待機・・・退屈な言葉だ」
   

 


「もう限界だ!耐えられねえ!これは犬の訓練か!!!」
    

 


「さあ、かかってこい!雑魚ども!決定的な格の違いを見せてやるぜ!!」
    

 


「俺は・・こんな所で終わる男ではないはずだ・・・」
    

 


ラストシーンの釣りです。となりの雷神が釣れまくっているのに対し
自分が釣れないことにイラついている場面です。
今回塗装するところはあまりなかったので塗装に関しては比較的ラクでした。
次回は曹操ガンダムをモデルに構想中です。以上サイファーマークVでした。
    

 

作品ギャラリーに戻る