作品NO.169 ナガノ ケンさん作 『大鷲武者仮面軍師』

  

大鷲武者 仮面軍師(イーグルムシャ マスクコマンダー)

マスクコマンダーは多くの方に製作されており、
G研にもそれをモチーフとして多くの作品が投稿されていますが
マスクコマンダーは自分でもいつかつくってやりたいと思っていたので
コンセプトを武者列伝世界の武者としてアレンジを加えつつ製作いたしました。
   

 

  

謎の仮面武者現る!
弐代目 天翔狩人摩亜屈 対 刃斬武将軍の戦いを停めるかのように
戦場に舞い降りた一迅の紅い風。

摩亜屈曰く、その身のこなしはどこか懐かしさを感じさせるという。
はたして彼の正体とは?
      

 

 

仮面の下の素顔は・・・?

マスクコマンダー最大の特徴のマスク。
あまり悪人顔になりすぎず、かといって優しすぎず・・・調整しながら形作りました。
      

 

 

二刀の刀を合体させた“天空刃”(テンクウジン)
イメージはドラグナーと、サムライトルーパーの烈火のリョウですw

見覚えのあるその刀、その剣の動きは!

 

   

謎の仮面武者の正体・・・
それは、かつて悪無覇域無山の戦いで戦死した初代・天翔狩人 摩亜屈その人であった。

生前の功績を認められた彼は、天界武将 摩亜屈(テンカイブショウ マークツー)として転生

地上界での弟たちの危機に天界の掟を破り、
天界に生息する“紅大鷲”(レッドイーグル)と合体し再び地上に舞い降りたのだった。
     

 

 

・・・という感じの脳内設定でつくりましたw
まんま戦刃丸ですが、三兄弟というと刀覇大将軍編のイメージが強く
これもまたアリなんじゃないかと思い、設定しました。

メインカラーが赤なのは、初代・摩亜屈を作るときには
カラーリングをクワトロ専用Mk-U(公式設定でも無い!)にしたいなぁと思っており、
武者マスクコマンダーの構想と絡めて、紅い武者を作ってみました。

オリジナルを作るのはかなり久しぶりで、時間がかかってしまいましたが
マスクコマンダーという題材に一つの答えが出せたかなぁという気がします。


ナガノ ケンさんのサイト、”The Mountain Under”こちら
     

 

作品ギャラリーに戻る