作品NO.79 来部キトキさん作 『武者頑星刃』

  

羽荒斗をちょこちょこっといじってみました。とりあえず改造は各部の可動化、ディテールアップ、太ももの延長。
   

 

  

はい、軽装。すべての鎧が背中に収納されるのでギリギリで自立します。
     

 

 

大鳳の型、羽根の接続方法をPCにしたので保持力バッチリ。
展開する白い方の羽根ボールジョイントにしたのでひねりも入ります。
      

 

 

飛翔神凰形態、腕に肩鎧を装着して脚になるのですが
無改造だと内股気味になってしまいます。腕を可動化した事で解消。
       

 

    

今回の目玉、新烈空形態です。
資料によると新三烈神になったらしいので烈空の鎧を装着させてみました。

で、後ろから。この際羽荒斗の鎧は背中に収納します。
予想通り自立しません、羽根を展開して支えるように立たせます。
 
     

 

    

触ってるうちに発見した形態です。
ただ烈空の鎧を着たままでの飛翔神凰形態ですがなんかかっこよかったんで。


最後に

武零斗はいろんなトコで見かけるのですが羽荒斗があまり無いなと思い作ってみました。
次は相方の武零斗行きます!


来部キトキさんのHP、”キトキの部屋”こちら
             

 

作品ギャラリーに戻る