作品NO.78 来部キトキさん作 『武者頑星刃』

  

前ビュー

頑星刃をちょこちょこっといじってみました。
とりあえず改造は各部の可動化、ディテールアップ、太ももの延長、角の位置変更、羽根の可動化です。
角飾りが上向きになっているのにお気づきでしょうか?
   

 

  

後ろビュー1

はい、後ろから。これと言って変化はありませんね。
でもちゃんと各部可動化されています。
まずバックパックの羽根、これは肩の飾りが干渉する為に弓が構えられません。
(それがウリなのに致命的じゃん…)

後ろビュー2

なので畳めるようにしました、
あと羽根を後ろに90度回す事もできるので問題なく弓が構えられます。
足はもともと長めなので太ももの新造はしませんでした、
ダブルボールジョイントを入れています。
     

 

 

高目牙乱散破天

ハイメガランチャーと読みます、これは余り武器ででっちあげたオリジナルの武器です。
グリップの径が小さいので改造して持てるようにしました。
腕や手が動くので表情もそれなりに付きます。
見えにくいですが下半身もしっかりスイングしています。
      

 

 

昇竜の矢

体の各部が大きくなったので光凰の弓が余計に小さく見えます、
でジャンクを使って弓をボリュームアップしてみました。
羽根の改造のおかげで難なく構えられます。
見えにくいですが肩のトコを角バーニアでディテールアップしてます、
あとランチャーのスコープにHアイズとか。
       

 

    

天空の剣

飛行形態です。角が下がっているのにお気づきでしょうか?
元祖版のガンセイヴァーは角を下げる事でバイザーが降りるのです。
無改造で飛行形態にすると顔がもろ見えでなんかキモイので各パーツが顔を隠すようにしました。
胸パーツも接続穴をずらして顔よりになるようにしました。
バックパックのインテーク?ですがジャンクからソレっぽいのを見つけて貼ってます。
 
     

 

    

天空の剣前ビュー

妙な光沢でボロく見えますが本当はそんなでも無いですよ?
撮影技術の差です。塗装はこんな感じ。

赤→赤の上にクリアレッド
青→タミヤのスプレーの青
金→ガンダムマーカー
銀→ガンダムマーカー
緑→ガンダムマーカーアイグリーン
鉛→Mrカラーの鉛色
白→Mrカラースプレーの白


最後に

覗くだけだったワタシもようやくアップさせていただくことになりました。
なぜ頑星刃?かというと以前に真駆参を作っていて並べられるような頑星刃を作りたかったからです。
次は羽荒斗いこうと思います。次回を待て!!


来部キトキさんのHP、”キトキの部屋”こちら
           

 

作品ギャラリーに戻る