作品NO.54 シルヴァンスさん作 『海賊武者 衛駆須壱』


 初めまして、今回会員に登録しましたシルヴァンスとです。
BB戦士の本格的改造は初めてでしたので正直なところ見苦しい所もありますがよろしくお願いします^^;
今回投稿させて頂いたのは、前から好きでいつか武者クロスボーンガンダムを作ろうと考えていて
ようやく完成した『海賊武者 衛駆須壱(エックスワン)』です^^
  

〜以下脳内設定w〜

時代は武者列伝の裏側、天宮(アーク)の国に属する離島『母繁護(マザーバンガード)島』近海に
出没する海賊の頭首、その正体は母繁護島の領主であり分家ながら
大将軍の血を引く『武者 弓銃七(キュウジュウシチ)』であり、
故郷に邪悪武者を近づけず、もしもの時に領民達に迷惑を掛けぬよう
正体を隠し海賊として邪悪武者と戦い続けている。
弓銃七は新世大将軍の生まれ変わりとも言われ名前も出世前の名前である弓銃壱にあやかってつけられた、
しかし残念ながら剣の腕は神童とも言えたが銃や弓はあまり得意ではなかった。

……と、自分の世界全開の設定で作ってますのである程度無視してもらっても……
          

 


装備の一覧です、稼働とかを盛り込んだため鎧が兜だけという寂しい結果に……w
武器も基本的に塗装だけで流用となってます^^;
上の設定で書いたとおり顔は烈光頑駄無のを少し塗装を変えて使っています、
半分ジャンクと化していた僕が小学生の時に買った初代の烈光なので再び使用できて良かったです^^
      

 


メイン武器、対刃刀・斬刃(ザンバ)


サブ武器1、突撃槍・嵐射(ランサー)


サブ武器2、特殊短刀・打牙(ダガー)
   

 


クロボン=マントなんで家にあった布で作っていましたw
それっぽく見えるでしょうか?^^;
    

 


烈光のギミックを真似て角飾りは兜から取り外して軽装時に取り付けられるようにしています。
一応この状態で『弓銃七』という設定です。

 


意味はありませんが烈火武者(中は異歩流武版)と対決。
脳内の台詞では 「ほう! いるじゃないか! 天宮にも……腕の立つのが!」 でw

 


以上、『海賊武者 衛駆須壱』でした^^
最後まで御覧頂きありがとうございました、
これからも少しでも上達できるよう努力していくつもりなのでよろしくお願いしいたしますm(__)m


シルヴァンスさんのサイト、"シルヴァンスの箱庭"はコチラ
       

 

作品ギャラリーに戻る