作品NO.45 五月さん作 『天翔武人真亜屈』

 

      
前書き

天翔武人『真亜屈』です。
摩亜屈が天界の力を得た姿という脳内設定。
ネタばかりですが、皆さんの参考になれば幸いです。
今回は摩亜屈と、天界武将戦刃丸を使っています。

 


 

コレが武者姿。普通の状態です。
関節周りはいじっていないので、可動範囲は変わりません。
もちろんバイザーも降ります。

     

 


兜を変え(実は別パーツ)、肩横の鎧に追加装備をつけると武人形態に。
肩の鎧はランナーを使った棒で固定してあります。

     

 


マスクもつけられます。オマケ的なモノなので名称は特にありません。
つけると誰だか分かりませんね(笑

     

 


鎧の後ろに羽をつけて『天翔武人』形態。
画像では結構分かりづらいですが、結構幅を取ります。
羽のせいで可動もかなり限られます。

     

 

 


そのままのギミックですね。弓も構えられます。若干無理やりですが。
名付けて『天意悠弓』です。

     

 


高速形態です。通常よりも速いスピードで動くことが出来ます。当然ですが。
時間を止めたりは出来ない設定・・・。
背中のユニットのせいで若干バランスが悪いです。

     

 


刃斬武も天界の力を得てパワーアップ。
天界武将刃斬武・・・。

     

 


後書き

今回は小改造を施してみましたが、いかがだったでしょうか?
ちなみに、超武者大鷲には出来ません。腰アーマーのピンを削ったので。
実は兄者ヘッドも作ったのですが、撮影中に腰アーマーをバキッとやってしまったので撮影中断。
そのまま投稿・・・という形になってしまいました。
ですが、いつかどんな形でも皆さんにお見せしたいと思っています。
・・・素立ちばかりなのもそのせいです、申し訳ない。

最近、元気のなくなりつつあるG研。この作品で元気がつけばうれしいです。
皆さん、頑張って作りましょう!
『我がG研に栄えあれ。』

     

 

作品ギャラリーに戻る