作品NO.27 メカ氏さん作 『キングガンダム2世』


BB戦士のキングガンダム二世をSDGFプロポーションで作りました。
製品では、フルアーマー皇ナイトガンダムはそれほどバランスが悪くないのに
キングガンダムにしたとたんに「着膨れ」、「丸顔」と言うイメージが
強くなってしまう為、顔の美容整形と全体のスリム化、可動軸の追加を行いました。
塗装はプラスさんのマーカー塗装に感動して、自分もガンダムマーカーに挑戦してみました。

 


<正面>
SDGFプロポーションにする為に鎧を上下で分割。鎧にもかなり手を加えています。
とはいっても、材料自体は商品の中に入っていたキングアーマー、フルアーマー、
魔法の鎧を切り貼りして作ったものなので、別のキットから部品を取らなくても再現できます。

 


<背面>
背面には少しオリジナルの設定を加えています。プロポーションをいじったことで
肩幅が広くなってしまい、付属のマントがそのままでは使えない為、鎧に合わせた
高級感のあるマントホルダーをプラ版で自作しました。

 


<軽装>
鎧を外した状態です。方には魔法の鎧をそのまま付けてしまいました。
あとは腰部分をプラ版で自作し、足の延長は軸をプラ版で作り、そこに
フルアーマーと魔法の鎧の前垂を前後に挟み込みました。

 


<装着>
鎧を胴体にはめ込んだ状態です。分割したことで元の固定法が使えなくなってしまったので
肩幅の延長もかねて肩軸と胴体の間に板を1枚入れました。
マントは付属の物を使っていますが、両端に真鍮線を入れメッキテープで固定しているので
マントに表情を付ける事が出来るようにしました。

 


<キングキャリバー&キングシールド>
この2つに関しては「塗り分けが鬼のようだった」の一言に尽きます。
しかも、ガンダムマーカーはエナメル溶剤で落ちてしまうので
いつもやっているエナメル塗料での墨入れが出来ないorz........。
今回使ったのはイラストなどを書くときに使っていた0.05mmのドローイングペン
これがなかなか良かったです。

 


装備と鎧です。前述した通り、今回の作品には本来余剰パーツとなる鎧などの
パーツを切り貼りして余す事無く使っています。肩パーツも上下で分割しており、
フルアーマーとの2コイチになっています。後は多少プラ版やランナーを使っています。


 


<終わりに>

今回の作品は大学の学園祭での模型部展示にあわせて作ったので〆切りがあり、
作りこめなかった部分もあります。(軽装タイプのデコとか・・・・。)
あとは、足の可動範囲があまり増えなかったのが気になりました。
でも、プロポーションの変更と美顔、あと鎧の塗り分けがうまくいったので良かったかな。
メディア展開は少なかったけど外伝の中でもかなり好きなキャラクターなので
無事完成させることが出来てよかったです。( あぁ〜っ! 元祖ほし〜っ! )
     

 

作品ギャラリーに戻る