作品NO.06 TUKさん作 『スラッシュガンダム』


SDR3号機、スラッシュガンダムです。
1号機レッドウォーリアカスタムが高機動タイプ、
2号機ブラックバスターが重武装タイプ、
そしてこの3号機は近接戦闘タイプです。
ご覧の通り、武者タイプのBB戦士をベースにジャンクパーツのてんこ盛り。
本体以外に、Zプラスのアンテナ&ハイメガキャノンと1/144ガンダムXのリフレクターを頭部に使用。
両肩と胸には三代目頑駄無大将軍の光の玉(大福将軍の副産物)を装備しているので

SDスピリット指数も意外と高めになるかと…。

 


コアファイターもちゃんといます。
あ、肩のエッジパーツは1/100ガンダムデスサイズヘルカスタムの膝のパーツでした。気付きました?

 


両腕に仕込んである刀は両方とも引き出せますが、おもいっきり塗装がはげます。
主武装はこの2本の刀による斬撃で、頭部のハイメガキャノンはむしろ緊急時の離脱用の武装です。

 


コアファイターの機首に、No.100ガンダムのコアファイターの機首を使って戦闘機らしくしました。
鳥頭ではちゃんと合体できないし。

 


一応、主翼にミサイルを4発ぶら下げています。
脱出用のコワファイターのはずなのに金色って…。

 


パーツを一切はずさずにドッキングできます。



4号機の開発も進んでいますが、このSDR計画、ジャンクパーツがなくなるその日まで続く…。
ぼちぼち敵メカも考えようかと。思っています。

 

作品ギャラリーに戻る