メカ氏さん作・砲術忍者 紅射士(レッドウォーリア)
 


<砲術忍者 紅射士(レッドウォーリア)>
頑駄無軍団一の砲撃手であり、忍者としての隠密活動もこなす。
隠密忍者農丸とは兄弟弟子の関係で幼少の頃からの友人でもある。
同じ流派を学んだ農丸の戦法は完全に把握しており、敵陣に切り込む農丸を
その高度な射撃術で的確に援護することができる。

          

 


<背面>
砲撃形態では、バックパックからショックアブゾーバーを展開し、
発射時の安定を保つ。
    

 


<通常時正面>
通常形態では主武装の長尺砲「牙那(ガナー)」は折り畳んで背面に
位置している。

    

 


<通常形態背面>
背面から見ると、ガナーの装着方法や、肩部の接続方法などが分かる。
肩のバインダーはバックパックに接続されており、腕の可動を妨げないようになっている。

    

 


<軽装タイプ>
隠密活動の際の形態。アンテナ部の小刀は取り外し可能。

    

 


<本体および装備一式>
武者武装の装備自体は少なめ。バックパックに機能が集約しており
武器もガナーのみなので、本体各部用鎧のみとなっている。

    

 


<製作工程>
加工し終わったパーツを組んだ状態。あとは、サフを吹いて塗装する。

    


 


<製作者コメント

今回のコンペでは「武者列伝にレッドウォーリアを加える」
というつもりで行いました。当初は鎧を変形させて獣形態にしたりする案も
考えたのですが、時間がないことと、構造が複雑にならないようにと思って
こじんまりとまとめました。
ガンダム野郎のような武者レッドウォーリアは作れませんでしたが、
列伝仕様ということで差別化を図ることが出来た点は素直な評価点。
自分で言うのもなんですが、とにかくかっこいいです。


管理人コメント

これはまた素晴らしいオリジナルキャラですね!
レッドウォーリアの武者タイプを、紅武者のデザインラインを受けながら見事に烈伝風にしています。
とにかく自分の設定に説得力を持たせる工作が全身に施されているのに感心です。
軽装タイプはちゃんと忍者っぽいし(鎧を脱ぐとボディが黒というのも良いですね)、
初代レッドウォーリアの装備を思い起こさせる背中の砲も迫力があってカッコ良いです。
何より、流用パーツがそのまま使われている箇所がほぼ無いために
『新規の武者』っぽく見えるところが素晴らしいですね。
レッドウォーリアという人気のある題材を上手く料理した作品です!


メカ氏さん、製作お疲れ様でした、投稿ありがとうございました!

       

 

コンペTOPに戻る