theotur97さん作・異歩流武版大福将軍
 

まえがき

・頑駄無大将軍頑駄無異歩流武版(以下イボ大)はメッキがウリのキットですが、
そのメッキを活かす方向の改造法として
大福将軍をこのイボ大をベースにすればどうなるか?
と浮かんだ考えが今回の製作の動機となりました。
基本工作やディテールアップも出来る限り取り入れつつ、製作しました。

     



基本の状態です。通常版イボ大との違いはシーサーと眼帯以外、極端な変更はありません。
     



平手を他キットから流用することで、よりポーズ取らせ易いようになると思います。
          



武化舞可の大筒とマスクを追加してフル装備型にバージョンアップ?出来ます。
     



パワーアップ・・と言っても大筒が羽飾りと干渉するので可動範囲が基本の状態より狭いです(汗)
     



フィン展開時のリアビューです。スラスターの集中具合など、個人的にはこの状態が一番お気に入りです。
    


 


あとがき

・ 普段はノーマルSDものの製作が多く、武者は久しぶりでしたがやはり塗装が鬼門でした。
特に今回は色の数はともかく、配色の振り方にオリジナリティを要求される面があり、
それの決定が大変でした。というわけで本当に大福将軍に見えるのか怪しい配色ですが、
金色ほぼ一色のイボ大の塗り分けを考えている方に一例として参考にでもなれば幸いです。


管理人コメント

大将軍系のキットというのは元々改造し難いものだと思っています。
ディテールも凝っていてメッキ・クリアーパーツなどの特殊素材も豊富、
加えて元のキャラとしての良さが弄りにくさに拍車を掛けています。
(下手に弄ると魅力を消しかねないってことデス) あ、値段の高さも挙げとこう(^^;

しかし、このtheotur97さん作の異歩流武版大福将軍はそこのところを上手く料理されてます。
ピンポイントで弄られた改造部分も勿論なんですが、一番スゴいのはやはり塗装部分でしょう。
異歩流武版大将軍の特色といえばやはり全身のメッキパーツですが、
メッキを効果的に残しつつ、マスキングして全身塗装されているのには驚愕しました。
(あんな細かいマスキングは私には到底真似できません…orz)

また、元祖大福将軍にはなかった銀色や、
絶妙な場所に配された赤い色などのオリジナルカラーが絶妙で、
単なる烈伝風ではない”異歩流武版”として、とても完成度が高く仕上がっているのではないでしょうか。


画像から全ての点においてコダワリが伝わってくるこの大福将軍、
ご本人が仰るとおり、イボ大の作例として参考になること間違い無しです!
theotur97さん、投稿ありがとうございました!

大福将軍の画像がもっとたくさん見られるtheotur97さんのサイト・模型岩はコチラ

 

コンペTOPに戻る