キラーマスター

『キラーマスター見参!』

豪多亜留が作り上げたスピリット指数“800”を誇るSD戦士「キラーマスター」をここに紹介!


 

キラーマスター

『超戦士ガンダム野郎』に登場。
豪多亜留が、対ガンキラー用に様々なSDの長所・パーツを取り入れて製作したSD戦士です。

そのSDスピリット指数は、圧巻の“800”
ガンキラーの“1000”は、全国各地のG研メンバーのSDスピリットを吸収する形で実現したものだったので、
独力だけで“800”まで押し上げた亜留の技術は流石と言えますね。

全身をよく見ると、天下統一編の四獣王(隼、犀、龍)や三代目大将軍のパーツがちらほら見えます。
当時、パーツを集めてキラーマスター製作にチャレンジし、そして挫折したSDファンも多かったのではないでしょうか。

今回の製作においては、イベント出展が視野に合ったので、
設定でパーツ流用していても使うことができず、フルスクラッチモデルとなっています^^;
 

 ◇◇◇◇◇◇◇◇

 
様々な角度から。

今見ても全く見劣りしない、格好良いデザイン。
大きい翼や巨大なバーニアを背負っているので、迫力あるシルエット&ボリュームです。
 

『おおっ いまの攻撃でデラーズの腹部に亀裂が!』

頭部および顔の造形は、マンガのイメージを再現すべく頑張った部分です(笑)
 

 ◇◇◇◇◇◇◇◇

 
 

キラーマスターは、初登場シーンでは瞳がありませんでしたが、
亜留の感情に合わせて瞳が現れたりして、その切り替わりが印象的でした。
今回の紹介においても、瞳あり/なしの2種類のフェイスパーツを用意しました。

『マスタースライサー!』

頭部のブーメラン上の武器、マスタースライサーは着脱できます。
  

 ◇◇◇◇◇◇◇◇
 

ここからはキラーマスターのライバルとして外せないガンキラーを紹介!

 

大河のガンキラー

『超戦士ガンダム野郎』に登場。
大暗黒帝デラーズに摂食吸収された大河の千生将軍が生まれ変わった姿です。
キラーマスターに切り裂かれたデラーズが産み落とした卵から誕生しました。
(書いてて思ったけどすごい描写・・・)

  

性能は狼馬の赤いガンキラーや、量産型の黒いガンキラーと全く同じ。
ただ、色はガンダムを象徴するトリコロールカラーになっています。

ガンキラー誕生直後の大河は洗脳されており、亜留のキラーマスターと激闘を繰り広げました。


激突する大河のガンキラーと亜留のキラーマスター。、
戦いの中で大河の洗脳はとけたものの、組み合う格好でバトルステージの地面に激突・消滅し、
行方不明となってバトルからはリタイヤしたように見えましたが…

G研メインコンピュータの守護神“コンピュータG”により別の場所に転送されていたことが後に発覚!
更に、劇的な合体を果たして最終決戦に再登場するのでした!!
 
 

キラーマスターの背面バーニアがガンキラーの脚部として合体!

キラーマスターのフロントアーマーがガンキラーの腰に装着!

キラーマスターの肩アーマー・バックパックパーツが腕部を覆う!

キラーマスターが展開変形!ガンキラーのバックパックに合体!!

キラーマスターの胸部アーマーがガンキラーの胸部に装着!

キラーマスターのツノがガンキラーに装着され、左右のツノが伸び…

大河と亜留の正義の心が体現されたように、顔がガンダムフェイスに変化!!!

 

完成!ガンマスター!!

 

 

ガンマスター

ガンキラーとキラーマスターが合体することで誕生した『奇跡の合体SD戦士』
ガンキラーの全身をキラーマスターのパーツが覆うことで誕生しました。
 

背面。キラーマスターがバックパックになって合体していることがわかります。
キラーマスターのバーニアがすべて背面を向く形になっていることが、
高機動化を果たしたことに説得力を出していると思います。
 

漫画の中で、キラーマスターは常に瞳がある描写がされています。
大河と亜留が協力して戦っていることが感じられるようで、私はこの描写が大好きです!


終わりに

以上、キラーマスター&ガンキラー&ガンマスターでした!!

小学生のときに読んだガンダム野郎の漫画に憧れ、ボンボンスペシャルの名著『SD武者ガンダム 改造大作戦』に憧れ…
いつか作りたいと思って20年以上。ようやく夢が叶いました!!

あのとき子どもだったガンダム野郎ファンの方々には、
一緒に懐かしさ・あのころのSDのアツさを思い出して頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。 

もちろん、ガンマスターを知らない方も、
(恐縮ですが)「昔こんなキャラクターがいたんだ!」と興味を持っていただけたら心から幸いです。

ガンダム野郎ファンとして作りたいものは、今回一区切りついた思いですが、
今後もSDスピリットを燃やし続けていくことに変わりはありませんので、
今後もよろしければお付き合いください(^^)