星勇士グリフォンランダー組み立て解説

本ページでは、キャラホビ2014にて販売した星勇士グリフォンランダーの組み立て方法について解説します。

パーツに不足がありましたら、大変お手数ですが、
パッケージに記載したメールアドレスもしくは当方の
Twitterアカウントまでご連絡ください。
本ページの公開が遅れてしまったため、パーツ不足のお問い合わせは、2015年いっぱいまで受け付けさせていただきます。

注釈:写真において、パーツの色が様々出てきますが、特に意味はありません…。


◆市販パーツの用意
組み立てにおいては、市販パーツをいくつか使用します。
お手数ですが、ご準備のほど、お願いいたします。

 

@ホビーベースのダブルボールジョイント
Aホビーベースのロールスイングジョイント

 

BWAVEのPC-05(ポリキャップ)
C↑のプラサポ

Dその他
  ・1.5mm、2.0mm真鍮線
  ・1.5mmスプリングパイプ
  を使用しています。


◆頭部の組み立て

頭部は、全10パーツです。

 

組み立ては画像をご参照ください。

下部には、「@ホビーベースのダブルボールジョイント(大)」のジョイント受けを差し込むための穴を開けておきます。


◆ボディの組み立て

  

胸部は全8パーツです。

 

組み立ては画像をご参照ください。

※首関節について

頭部との接続は上のとおり行います。

ボール側の方は、ご購入いただいた市販パーツを上記のように組み合わせ、作成してください。
注釈:
 ホビーベースのボールジョイント(ダブルボールではないもの)を別途お持ちの方は、そちらをご利用いただいても問題ありません。
 ここでは、もう一つ市販パーツをご用意いただくのは更にご負担をお掛けしてしまうと考え、必須となる4つの市販パーツの中でやりくりする方法をご紹介しております。

※脚関節、サイドアーマーの接続について

脚関節には、「@ホビーベースのダブルボールジョイント(中)」を使用します。
サイドアーマ―の接続は、上画像の位置で、スプリングパイプで接続します。


◆腕部の組み立て

腕部は全6パーツです。上記画像の配置で接続してください。


◆脚部の組み立て

脚部は全4パーツです。

脚関節は、ロールスイングジョイントを使用します。

ロールスイングジョイントで使用するダブルボールは、上を参考に組み合わせて作成してください。
(標準で付属するパーツは長さが短いため


◆武器

ソードが一本付属します。


◆星勇士カーロランダーの完成

ここまでに作成した各部位を接続すると、星勇士カーロランダーが完成します。


◆ガードグリフォン(本体)の組み立て

いわゆる、合体巨神の上半身になる部分です。

全9パーツです。

 

画像左の黒いパーツ二つは、複製の都合上、上下で分割しています。
右のようにパーツを接着してください。

 

PC-05およびプラサポを組み合わせ、右のようなT字の部品を作成します。

 

 

3つのパーツを作成したT字部品で接続します。
左:上から見たところ 右:下から見たところ

奥まで接続すると、↑のようになります。

 

腹のパーツの四角のくぼみには、PC−05の四角いポリパーツを入れておきます。

 

胸部分・腹部分を接続すると↑のようになります。

 

 

背中にはプレート上のパーツを接続します。

 

 

ボディ前面に配置される、ガンドランダー系の特徴である“ダゴンズジョー”は、3パーツを上のとおり組み合わせます。

 

 

ここまでのパーツを接続し、また、ロールスイングジョイントを肩関節として配置すると、↑のようになります。


◆ガードグリフォン(本体後部)の組み立て

 

全4パーツです。画像のとおり接続します。

また、巨神胴体とは、ダゴンズジョーの中心に穴をあけることで接続します。


◆ガードグリフォン(グリフォン顔、その他)の組み立て

 

全5パーツです。

 

画像のとおり接続します。


◆ガードグリフォン(翼)の組み立て

 

全8パーツです。

翼は、表裏があります。画像が右肩用ですので、ご注意ください。

肩アーマー相当のパーツを前後で貼り合わせたのち、翼を接続します。
翼基部(筒状のパーツ)は、真鍮線接続だと回転してしまいやすいので、肩アーマー裏に接着することを推奨します。


◆ガードグリフォンの完成

 

ここまでに作成した各部位を接続すると、ガードグリフォンが完成します。


◆星勇士グリフォンランダーへの合体

合体には、↑の部位を使用します。

カーロランダーの胸のパーツを取り外し、グリフォンのパーツを接続します。

これにて、星勇士グリフォンランダー完成です!!